監視カメラの設置目的や設置場所

4.飲食店

2017年02月20日 13時26分

4-1.設置目的
監視カメラを『飲食店』に設置する理由は、店内でのトラブル防止や対策
食を取扱うことへの安全性、お店にいなくても店内の様子を把握する、
2階席があり死角になる部分が多いなど、様々な目的があります。
 
4-2.設置場所
飲食店に監視カメラを設置する場合は、「お客様のプライベートを侵害する可能性」があるため、
細心の注意を払う必要があります。
飲食店に監視カメラを設置するときには、店の出入り口に、監視カメラ作動中のパネルを付けて、
お客様に監視カメラの存在を知らせることが大切です。
万が一、監視カメラの存在を周知しないことで、クレームに発展する可能性があるため注意が必要です。
 
お店全体を見渡すことができなくとも、お店の出入り口やレジ周辺、厨房などを中心に
監視カメラを設置することが効果的とされています。
飲食店で多いトラブルの一つに、スタッフとお客様との金銭に関する問題があります。
 
スタッフとお客様のあいだでトラブルが解決できないときには、
監視カメラで撮影していた動画をもとに原因を究明
します。
レジ周辺を見渡せるように設置する監視カメラは、手元がよく見えることや、
ズーム機能や鮮明度の高さなどがカメラ機能として非常に重要なポイント
です。